不倫紹介サイトでバレずに不倫をする方法

不倫したい人たちの不倫募集サイト 【fadyandraosstar.com】」でも紹介していますが、不倫の恋で問題なのは「バレる」ことです。
修羅場になるケースの多くが「家族にバレる」ことです。
ここでは不倫がバレるケーススタディ(失敗例)から、バレない不倫の方法をお伝えしていきます。

携帯電話でバレる

まず、最もバレる確率が高いのが、スマホやiPhoneをチェックされることです。
かといって、ロックをかけていると「見せられないものでもあるのか?」と余計に疑われることが多いのでお薦めしません。
基本的に不倫相手とは携帯アドレスでやり取りしない方がいいでしょう。
フリーメールで仕事相手のふりをして、やり取りするのがベストです。
例えば、Gmailは複数のアカウントを取得することができます。

アカウント画面の切り替えもスムーズなので、不倫相手専用のアカウントを取得するとバレにくくなります。
Gmailなどのパソコンのフリーアドレスは他にもメリットがあります。
人間の心理は面白いもので、自宅パソコンで連絡スマホやiPhoneをいじっていると「誰と連絡を取っているの?」と疑われがちです。
しかし、仕事の書類でも脇に置いて、パソコンを叩いていると「あ、仕事を持って帰ってきたんだな」と思われがちです。
ここで家族が近づくごとにパソコンを閉じたりすると疑われます。
なので、家族が近づいても不審に思われない行動を取って下さい。
GmailはスマホやiPhoneからでもアクセスしやすいので、外出先ではそちらからアクセスするといいと思います。

メールでバレる

メールの文面は印刷でもされてしまうと、離婚訴訟時の法的な証拠にもなってしまいます。
不用意にバレやすい携帯メールアドレスを使うのではなく、連絡を取っている手段そのものがバレにくいように注意して下さい。
社内不倫の場合は、社内のパソコンは絶対に使わないようにしましょう。
アカウントなどを変更していても、Gmailなどのフリーアドレスも社内では使わないようにしましょう。
案外耳にするのが、「不倫相手に送るはずのメールを誤送信してしまった」という事故です。
このような事故を防ぐためにも、仕事場以外の場所で細心の注意を払って、連絡を取り合いましょう。

着信履歴でバレる

メール以外では「着信履歴」でバレてしまうことがあります。
登録名を「○○部長」などに変えて隠している人も多いのですが、口調や様子でバレてしまうことがあります。
できれば、電話はよほどの緊急時にしてもらって、メールに切り替えてもらうといいでしょう。
電話の場合は相手の声が漏れますので、どうしても場所を変えて掛け直さないといけません。
特に家族の前で不倫相手に電話をかけ直す時には、どうしても挙動不審になりがちです。
この時の些細な様子の変化で、家族に怪しまれ始めることが多いのです。
着信履歴やメール履歴を見られるということは、家族は「限りなく黒に近いグレー」だと感じているから裏を取ろうとしている訳です。
それまでの行動が不審に思われているからこその家族の行動なのです。
電話は家族から疑われる最たるものですので、出来る限り避けた方が無難です。

出張が多いというウソでバレる

また、あまりにも出張が多いのも疑われます。
疑われないためには「出張先のホテルに着いたよ」と家族に電話するクセをつけるといいでしょう。
不倫相手との時間を大切にしたいがために電源を切るのはお薦めできません。
家族がたまたま電話した時に通じないと、疑いの目が向いてしまいます。
いったん不倫相手と会う前に電話し、「疲れたからもう寝るよ。お前も早く寝ろよ」と言って電話を切るのがいいでしょう。
家族へのこまめな気遣いや連絡が、不倫をバレなくする鉄板の方法でもあるのです。
かといって、いきなりアクセサリーや花束を贈るのは得策ではありません。
実は女性の間では「いきなり指輪、ネックレス、花束を旦那から贈られたら疑え」というのが鉄板の法則なのです。
もちろん、頻繁に奥さんに贈り物をしているなら問題ありません。
むしろ贈り物を途絶えさせないようにして下さい。
問題なのは普段贈り物をしたことがない男性は、思い出したように贈ることです。
喜んでくれるどころか、「何かやましいことでもあるのか」と思われるのが関の山でしょう。
実際、潔白にも関わらず、花束を奥さんに贈ったことで不倫を疑われた旦那さんも多いのです。
いつもと違う行動や言葉、態度はどんなものであれ、パートナーから不貞行為を疑われます。
努めて普段通りにすることが不倫関係を隠していくコツです。
家族サービスをしなければならない時は割りきってしっかりと行いましょう。
パートナーとの関係性は冷めきっていても、子供は別です。
幼少期にたくさん遊んであげることは、その子の性格形成にも影響してきます。

バレないためには!

不倫相手の女性と会いたいかもしれませんが、家族サービスをする時は少し我慢してもらいましょう。
多くの不倫相手は家族がいることを知っているので、ある程度は理解してくれます。
もちろん、不倫相手のことを気にして、家族の目の前で頻繁に電話しないようにして下さい。
どうしてもバレやすくなってしまいます。
万が一、細心の注意を払っても不倫がバレてしまった時は土下座でもなんでもして、誠心誠意謝るようにしましょう。
謝る態度に誠意さえこもっていれば、今まで一緒に暮らした情があるので、パートナーも少し怒りが収まることが多いようです。
逆ギレ・開き直り・パートナーの悪口、不倫相手を褒めることは避けましょう。
売り言葉に買い言葉で喧嘩するのではなく、ひたすら謝ること。
これが万が一、バレた時の一番の得策です。